身長を伸ばす方法として最終手段である手術

身体的な特徴の中で一番の悩みとしてあるのが身長です。一般的に身長を伸ばす方法としては、骨を刺激して再生させてあげることです。その流れとしては少し早く走る運動であるウォーキングといった運動をすることによって骨にひびを入れた後に食事によって再生するための力を強くしさらに睡眠によって再生を促して骨を丈夫にし縦に伸ばせるように生活を繰り返すことで身長を伸ばすことが出来ます。これが一般的な身長を伸ばす方法ではありますが、ただ身長というのは遺伝的な要素も大きく祖父祖母そして両親の平均身長が165センチだった場合はどんなに身長を伸ばす方法を行ってもその身長以下で止まってしまうことがあります。先に言った一般的な身長を伸ばす方法を行っても自身が望む身長にならなかった場合で、それから先の身長になるための方法として最終手段として利用することになるのが手術です。身長を伸ばす方法として最終手段である手術では、どんな方法を取るのかというとイリザロフ法とISKD法の2種類と呼ばれる方法を取ります。イリザロフ法は足の甲の部分の皮膚を切った後にある骨を1ミリ単位で切断し、その後骨がずれないように特殊な固定器を使って動かないようにします。その後骨は切断された骨を修復するために成長ホルモンと代謝を繰り返して骨をつなごうとするので、その力で修復され骨がつながったらまた1ミリずつ切断し固定修復を繰り返して理想の身長につなげます。ISKD法は骨を切るまではおなじですが、その違いとして外部の操作でのびる器具を埋め込みます。外部からコントローラーを使い磁石の力を利用して骨を伸ばします。
http://www.dream-int.com